ごあいさつ

初めての方へ

  • 当院の鍼灸治療の特徴

 

一般的に、はり治療というと、細い鍼(はり)を筋肉にスパッと刺して治療するイメージですが、

当院では、鍼の先端を皮膚に当てる「接触鍼」という手法で、主に治療します。

身体にあるツボ(東洋医学の専門用語では「経穴」といいます)を体表から刺激することにより、

治療効果を得る手法です。

鍼が怖い方、強い刺激が苦手な方でも、安心してお受けいただけます。


312A8826.jpg

 

症状によっては、患部や経穴に鍼を0.5~2㎝ほどの深さまで刺すこともありますが、

注射針や裁縫針と違い、皮膚への抵抗が少ないよう先端が改良された、髪の毛ほどの細さの鍼を使用します。

通常はほとんど痛みを伴いません。

 

 

312A8845.jpg

また、当院では、お灸もよく併用します。

もぐさに直接火をつけるお灸をしますので、煙が出ますし、感受性が強い方は、鋭い熱さを感じることがあります。

お灸を使う前には、必ずお伝えいたします。

火を使わない電子温灸ローラーもありますので、お灸に抵抗がある方は、どうぞ遠慮なく仰ってください。

 

 

  • 施術の流れ

 

1)予診票記入(初診時のみ)

まず、予診票を記入して頂きます。

症状のこと以外に、既往歴、生活習慣など、細かい質問事項がございます。

どれも東洋医学的な鍼灸治療をする上で、必要な情報です。書ける範囲で結構ですので、ご記入ください。

 

2)医療面接

予診票の内容を元に、お話をうかがいます。

ご質問がございましたら、どうそ遠慮なくお聞きください。

 

3)お着替え・身体観察

身体の状態を確認するため、患部以外にも、脈や舌の状態を確認したり、腹部や手足などを触診します。

確認・施術のしやすさを考慮し、患者着をご用意しておりますので、そちらにお着替えください。

 

4)基本治療

まずは身体全体の治療をすることにより、症状の緩和を目指します。

仰向けになっていただき、腹部を中心に鍼をした後、うつ伏せになっていただき、背中に鍼をします。

 

5)補助治療

鍼だけではなく、お灸、温灸ローラーなどの温熱療法も使い、さらに症状へアプローチします。

 

 

  • 院長プロフィール

 

小杉明香(こすぎさやか)

1977年生まれ

厚生労働大臣認定 鍼灸あん摩マッサージ指圧師

東洋鍼灸専門学校 卒業

 

英国IFPA認定アロマセラピスト資格取得コース 修了

産業カウンセラー養成講座 修了

プロフィール写真.jpg